2014年7月12日土曜日

建機周りin 7月

前々から近所の高校生H君と約束をしていた採石場方面の建機周りをしてきました (^^)

 まず、採石場に向う途中で。
以前も撮影した怪しいカトーのショベル
同じ機械を何度も撮影することはよくあることですよね
前:記事   http://cranein.blogspot.jp/2012/08/8.html
こちらも道中にて
前:記事   http://cranein.blogspot.jp/2014/06/blog-post_1.html

まだ道中です。
怪しい廃車置場にて

 KYOEIって『共栄開発』のことですよ~ね(゚ペ)?
 遠すぎてコレ移動撮影不可
 PC120-6
PC100-1
前記事   http://cranein.blogspot.jp/2013/01/1.html

 507
 採石場にて  遠いけど80tクラスのショベルがアイドリング待機ヾ(@^▽^@)ノ
ちょっとカッコイイと思ってしまう。。。
ZX870LCH-3  

道中、H君に『住友ブランドもミニバックあったんだよ~』なんて会話をしていたら採石場近くにありました(笑)
S-50

JH80
5年くらい前に初めて見つけてからまだ現役です。いつまでも居てほしいものです o(*^▽^*)

『PC○○UU-1ってカラーリング違うのがありますよね?』なんて質問を受けている時に発見した。
PC28UU-1  多分、前期型
カワサキのホイールローダーってカッコいいですよね?
65ZV
 WS300-2 ミツビシ製

どこかの廃墟サイトに載っていた
コマツHD180-1 と思われる重ダンプ
 TCM  L40
ここからL40をあれほど、見かけるなんて・・・4立米クラスもそれほど見ないからいいけど ヽ(^◇^*)/
 HD203  コマツの重ダンプ
 コマツ HD180-1  こちらは現役
ちょっと挿し枠されてますね(笑)
 SK210D-8
採石場だから強化モデルの増量ウェイトなのでしょうか。
 PC75UU
 PC50UU-1 後期
 ZX110-1
 EX200-5
 YB10?
 L-40
 SK200-1
カラーリングは2型以降になっていますが、多分1型です。
 
 WS400
奥はPC50UU-2あたりでしょうか?
 インガソール・ランドのクローラー削岩機
形式不明   この手の機械の型式は苦手です。
 E200B
 PC20-3
 320L
 WA350
 昭和50年以降のダンプのボディーだと思われます。
 WA350 
 バケットが仲良く並んでいます(笑)
 LK120A
 ドルフィンのバンパー
 コンバインベースの運搬機
 イワフジのフォワーダ
ヒアブがいいです。
ME05
 
SK027?
前記事 
説明省略  http://cranein.blogspot.jp/2014/06/blog-post_1.html
EX60-1
ME30
L-40
EX27
SK027
TR80M-1
EX120-5?
多分、PC38UU
E120B
なぜか、コベルコが沢山いるヤード
形式説明略

こちらはIHIの油圧ショベルがベースですね~




KATO  HD400SE
E70
バケット達
E70用でしょうか?
SH145っていう型式でしょうか?
住友はSHシリーズはどうしても苦手です。S(LS)シリーズ は好きなんですけどね。
EX120-5
こちらはUH02でしょうか?
1型あたりですかね~
KH100D
クレーン作業になっていますね~どこかの中古を買ったのでしょうか。
MR100
FH31S
BD2D
PC60
ゴムクローラーではなく湿地クローラーだったので撮影
北越のクローラーダンプ
こちらも同様の理由で撮影
ヤンマー   VBF20-2
PCPC30-3
313B
D31P
FL80A
バックホー付きだったので撮影しました。

WA100
E120
プロフォースになる前のショベルです。
910Eあたり?
12HT
FL60A
507
PC75UUでしょうか?
966F
低騒音仕様
PC78UU
S&B25
FD10
TCMは珍しいと思うのですが・・・




次の日撮影
ZX125W-1



時より加筆します。
他にも撮影した機械はありますが、非公開とさせていただきます。ご了承ください。

0 件のコメント: